ベイトフィネス6回分!エクスレッド増量版登場!

img_8888-1.jpeg

休みは未だにドタバタしているホサキングです。

引っ越しの段ボールがようやく全て片付いたのもつかの間、年末の大掃除で窓をピカピカに磨いてます。

息子くんが寝返りして動き回るので目が離せず、嫁もろとも戦力外通告なのです(^^;;

 そんな暴れん坊の息子くんにも、クリスマスにはサンタさんが来ました^ ^  
満面の笑みです。良かったね♪

これほどまでに喜んでくれたら、サンタさんもさぞかし嬉しいことでしょう!

息子くんがサンタの格好をしているのは今時の流行りだそうで、本人の意思とは全く関係無い嫁の趣味です!笑

エクスレッドにボリュームアップ版の300m巻きが登場です!

東レインターナショナルのフロロカーボンライン『エクスレッド』に待望のボリュームアップ版が新たに仲間入り!

<商品スペック>

展開ポンド・巻数 /マーキング

  • 3lb  300m/75m
  • 4lb  300m/75m
  • 5lb  300m/75m
  • 6lb  300m/50m
  • 7lb  300m/50m
  • 8lb  300m/50m
  • 10lb 300m/50m
  • 12lb 300m/50m
  • 14lb 200m/50m
  • 16lb 200m/50m
  • 20lb 160m/80m

ポンド別に素材から設計を見直した『ポンド別専用設計』です。

スピニングで使う番手には適度な硬さを持たせ、細いラインでもキャスト時に指先でコントロールしやすい設計になっています。

逆に14lbよりも太いラインの場合、硬さを残しすぎてしまうとゴワついてスプールにラインが馴染みにくくなってしまうので、太い番手はしなやかさを追求。

中間の7〜11lbは従来製品のベイトキャスティングフィネスをリファインし、軽量ルアーをより遠くまで運ぶしなやかさカバーに対する耐摩耗性のバランスを突き詰めた製品となっています。

 予期せぬ食い方でルアーを不意に飲まれたり、フッキング重視でわざと飲ませてから強くフッキングすることもあります。

 
飲ませ技はラインを信頼していないとできない技です。

僕の場合、ラバージグタックルにスーパーハードストロングを使う以外には全てエクスレッドを巻いています。

エクスレッド300m巻きは2016年2月のフィッシングショー大阪でお披露目し、3月に発売開始予定だそうです!



釣り祭
フィッシング大特集

ABOUTこの記事をかいた人

穂崎 裕太

サラリーマンアングラー&イマカツスタッフ 穂崎裕太の現在進行形である“ほさきんぐ(hosaking)” 陸ッぱりバスフィッシングのダイレクトな情報を発信していけたらと思います(^O^)