激浅シャローにはGEKIASA!130mmビッグミノー完成!

img_9337-1.jpeg

リップライザー130GEKIASAが完成!

 

昨シーズン、見るたびに形を変えていて、7号機?8号機?9だっけ?って感じで改良試作品が次々と作られていたミノープラグ。

ついに仕様が決まったようです!

GEKIASAは130mmの大型ミノープラグです。 

アクションの特徴は、スローからミディアムリトリーブ時はタイトローリングアクションを発生。

小魚が身体を小刻みに震わせるような無駄のない控えめな泳ぎ。

ファーストリトリーブでは、ボディが90度近く倒れ込む程のワイドローリングアクションを発生します。

フラッシングカラーの場合、激しい明滅効果で広範囲にアピールできます。

GEKIASA=潜りすぎない

 

GEKIASA(激浅)と名前が付いているくらい潜りすぎない設計で、シャローで巻いて使うのに適したビッグミノーです。

ミノーを巻いて使う時によくある、手元にブルブルとこない事による使いづらさを解消した設計です。

手元にブルブルと明確な振動を感じながら巻ける事でルアーがきちんと泳いでいるか分かります。

それによりフックにゴミが引っかかった場合にもすぐに異変に気付くことができます。

障害物回避能力の高いコフィンリップ採用

 

シャローをメインに使うと、どうしても根掛かりが心配になります。

障害物を回避する能力を高めるために、ミノーには珍しいコフィンリップが採用されています。

杭やリップラップ周りで使われるシャロークランクベイトによく採用されているリップの形状で、障害物回避能力に長けているのが特徴です。

また、ファーストリトリーブ時の直進性とスナッグレス性能もアップされています。

霞ヶ浦水系での陸っぱりの釣りから開発がスタートしたルアーだけに、陸っぱりでの使いやすさは追求されています。

130mmサイズのベイトは川から水を引いているため池や小規模な河川でもたくさんいるので、活躍の幅は広そうです^ ^ 

ハヤ、オイカワ、ハス、ボラ、アユ、その他多数いますね!

霞ヶ浦水系ではビッグミノーパターンが爆発するタイミングがあるらしく、発売後の釣果に期待です!



【PR】釣りテクニック大全集

ABOUTこの記事をかいた人

穂崎 裕太

サラリーマンアングラー&イマカツスタッフ 穂崎裕太の現在進行形である“ほさきんぐ(hosaking)” 陸ッぱりバスフィッシングのダイレクトな情報を発信していけたらと思います(^O^)