これ欲しい!ハンドメイドルアーの塗装クオリティーが高い

img_9814-1.jpg

蓄光ワームもここまで来たか!と思える程の爆光ワーム!  

フィッシュアローさんのブースに展示してあって目に入ったので、どんなワームなのか聞いてみました^ ^

現段階で世界一の発光性能を誇る塗料をワーム素材に混ぜているそうで、魚が逃げるんじゃないの?ってくらいの爆光を放ってました!

ワームの存在を光を使ってアピールできるので集魚力が格段にアップしており、夜釣りがメインの太刀魚やメバルで威力を発揮しているそうです!

バス釣りにおいては蓄光ワームはまだまだ未開拓ゾーンだと思うので、蓄光ワームを使った効果的なパターンが発見されれば注目が集まりそうです!

このワームを紹介してくれたのが、フィッシングカレッジの同期でフィッシュアローさんに就職している田中氏!  

写真を撮るタイミングで目をつむるのが田中氏らしいっす。

まずは目を光らせろよ(◉Д◉)ノ笑

ハンドメイドルアーの塗装に驚きました!

FS大阪会場でふと見つけた遊び心のあるカヤックルアーです!

シンプルな形が好きです!カラーリングも鮮やかで、パドルの形を模したプロップに実はコダワリが詰まってます♪

トップウォータープラグ専門メーカーさんは、塗装クオリティーが高いですね! 

ハンドメイドルアーの手書きのカラーリングは圧巻です!

タックルボックスに入れておきたいと思った、絶妙に気持ち悪い顔ルアー。

細かいところまで書き込まれてますね!最近のハンドメイドメーカーの塗料技術の高さには脱帽です。

僕が今年注目しているのは虫型ルアー

タガメの腕の中にバズプロップを搭載した面白い形の水面プラグ。  

そこにプロペラを付ける発想はなかなかできないですね!

完全にボディのど真ん中にプロップを配置した試作品もありました!

思いついたことをホントにやってみて形にする追求心が面白いルアーを生み出すんですね^ ^

クワガタの形もカッコ良い! 

僕自身、この手のルアーで水面ゲームってなかなかやらなくなりましたが、のんびりプライベートフィッシングで時間を忘れて釣りをしたいと思いました(^o^)

やってなかった釣り、今年はやっていこうかな♪



釣り祭
フィッシング大特集

ABOUTこの記事をかいた人

穂崎 裕太

サラリーマンアングラー&イマカツスタッフ 穂崎裕太の現在進行形である“ほさきんぐ(hosaking)” 陸ッぱりバスフィッシングのダイレクトな情報を発信していけたらと思います(^O^)