ウナジュウ秘伝仕込み術その①公開!!

img_5552.jpg

ウナジュウ秘伝仕込み術その①公開!

①ワームの余分なオイルを取る


キッチンペーパーで軽く拭いてから、厚紙の上に適当に並べます。上からも厚紙でサンドして油分を吸い取らせます。僕の場合は2〜3週間放置。

さて、ここからが未公開ワザ。

②ワームに剣山を何度もぶっ刺して柔らかくする!


使うのはダイソーで買った花道用の剣山!

もちろん100円です♪

剣山で、トントンとぶっ刺します!


ポイントは、フックを刺す場所の周り3cmは何もしないこと。

刺せば刺すほどに柔らかくなりますが、強度は落ちます。

身切れ防止の為に調節は必要です。

③剣山で刺した穴にモエビパウダーを染み込ませる


手前の2本が剣山で刺した物。穴が空いているのがわかると思います。

モエビパウダーを擦り込めば、通常のワーム表面よりもフォーミュラーが内部にまで染み込み、持続性がアップ!

モエビパウダーをより多く、ワーム内部にも含むことができます。

剣山刺しはワームの柔らかさを調節できるので、用途によって柔らかさを使い分けてください。

ダムのバックウォーターなどで、ノーシンカーワッキーをボトム放置で回遊を待ち構える釣りには、最大限柔らかくしてフォーミュラーを染み込ませた方が効きますよ!

どんなワームにも応用できるので試してみてください^_^

特にフォーミュラーを染み込ませたい場合には最強ですから。

あぁ、公開してしまった。。。



【PR】釣りテクニック大全集

ABOUTこの記事をかいた人

穂崎 裕太

サラリーマンアングラー&イマカツスタッフ 穂崎裕太の現在進行形である“ほさきんぐ(hosaking)” 陸ッぱりバスフィッシングのダイレクトな情報を発信していけたらと思います(^O^)