ジャギルはビフテキ!

img_3127.jpg

ジャギルと一番相性が良いと感じたのは『ビフテキ』


涙型のタングステンシンカーを使った、テキサスの進化バージョン。『ビーフリーテキサス』って言うらしい。

テキサスリグよりも姿勢が安定するし、ズル引きした時のアクションに差が出ます(^ ^)

フックが起き上がるのでフッキングも良い気がします!(数匹しか釣ってませんが。)

シンカーは7gと10gを水深に応じて使い分け。

ジャギルは浮力体が入っているので、シンカーはちょい重めをセレクト。

前回釣行の時から、ロッド、リール、ライン、シンカー、フック、セット方法を変えました。ベストバランスを見つけたので、そちらはまた紹介します。

ゲキアサ2はバスの水深に合わせて、ゲキアサ2よりちょい潜りなゲキアサ2 フットマジックをセレクトしての1匹。


野池ではやっぱりフットマジックだな!

初めはスピニングで使ってましたが、コブラDGに変えてキャスト精度を上げてからの1匹。

バスがカバーにめちゃくちゃタイトなのが今年の傾向です。

今回の再撮はここ数年の取材で一番本気出しました(^^;;

再殺になりかねなかっただけに。。。

おかげでクタクタです。


今年の野池はなかなか難しいですね〜

まぁ釣りますけどね(^ ^)



【PR】釣りテクニック大全集

ABOUTこの記事をかいた人

穂崎 裕太

サラリーマンアングラー&イマカツスタッフ 穂崎裕太の現在進行形である“ほさきんぐ(hosaking)” 陸ッぱりバスフィッシングのダイレクトな情報を発信していけたらと思います(^O^)