広島野池取材大成功!!

img_1930.jpg
スポンサードリンク

遅くなりましたけど〜

って毎回毎回言っているような気がしますが、先週末はアングリングバスの取材で広島県まで行ってきました。

毎度の如く淡路島ってわけにもいかないので今回は初の広島野池取材!

過去に行ったことのある野池を巡る旅なのですが、最近の情報は皆無で、釣れてるか釣れてないか全くわからないままの強行取材。

下見してないので初日は野池の状態を見ながらの釣行!

新作ルアーを使いたくてウズウズしてたので、まずは薮田さんプロデュースのブータフロッグを投入!

ヤブータのブータから名前を取ってるフロッグらしい!たくさん釣れたらユータフロッグに名前を変えてもらおう♪笑

しかしこのフロッグ、薮田さんらしいクセのあるルアーとは聞いてましたが、なんだか全然動かね〜。コツを掴むまでは棒引きでヘコヘコするくらいにしか動きません。(名前はブータでいいっす)

ようやく動かせるようになってきた頃にドッカンときましたが、ドラグ締めるの忘れてて1匹目はサヨナラ。久しぶり釣行あるあるでした。

お次は琵琶湖の小南さんプロデュースのギルポップにチェンジして泳ぎを見ていると水面炸裂!

なんと、こちらもドラグの締め忘れでジャンプでサヨナラ。

ドラグの締め忘れが結果として自分の首を絞める結果に。。。

うっかりミスが原因で、初日はチビ1匹で終了。

2日目は朝からドラグをしっかりと締めてガツンとフッキング!

グランドコブラのマッスルパワーで藻だるまフィッシュ!

同じ失敗はしませんよ〜( ̄▽ ̄)←初日にしただろッ!

対岸近くで食わせてすぐにウィードに潜られましたが、ウィードごとブチブチ切りながら強引に寄せて捕獲完了。

ブータフロッグは動かし方のコツさえ掴むと動かすのが楽しくなるルアーで、バスの食い方も深い!

究極にまでロッドを小刻みにバシバシ弾く釣りは未体験ゾーンで、難しいにも関わらず完全にハマってしまいました。

薮田さんが『絶対にハマるから八郎潟までやりにおいで!』と言っていたのはこの釣りだったんですね!全く信じてませんでした(^^;;

フロッグタックルに使用したのはインスピラーレ最新作のグランドコブラリミテッド

PE65lbでフルフッキングして体重を掛けて寄せてもびくともしない強靭さを持っていながら、小刻みにフロッグを操れ軽快さを兼ね備えたロッドです。

繊細に食わせて豪快に抜き上げる野池の陸っぱりに最高の1本ですね^ ^

僕的にはグリップの長さが最高!

このグリップの長さがブータフロッグの操作性に大きく関わってきます。

道に迷って辿り着いた野池で、なぜかギルポップが炸裂!

ポップ音よりも重要なギミックが!
バスが反応していたのは、真夏の野池でよく見かけるブルーギルがやっているアレでした!

セミがうるさ過ぎて釣ってる時は気づきませんでしたが。

ということで、今回のアングリングバス取材も大成功!!

ご協力いただいた地元アングラーの皆様、ありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

穂崎 裕太

サラリーマンアングラー&イマカツスタッフ 穂崎裕太の現在進行形である“ほさきんぐ(hosaking)” 陸ッぱりバスフィッシングのダイレクトな情報を発信していけたらと思います(^O^)